Bitter & Sweet 2017年2度目のバンドツアー「Bitter & Sweet BAND TOUR 2017〜ORION〜」

12/2(土)は、ツアー3ヶ所目の大阪公演。
会場は、ウッディーで優しい雰囲気な南堀江knave。

場内が暗転すると同時にSEが流れ始め、それに合わせてハンドクラップが自然に発生。
そのハッピーなムードに迎えられる形で、まずはバンドメンバーが入場。
そして、今回のツアータイトルである、“ORION”をイマジネーションさせるスペーシーなovertureを演奏する中で、田﨑・長谷川がIN。
幻想的な空間の中で、ライブがスタートする。

まずは、アッパーチューンから始まり、早くも観客を巻き込んでいく。

序盤に、Bitter & Sweet が初の昭和歌謡を目指した、オリジナル新曲も披露。

自身のツアーでも初めて取り入れたという、アコースティックコーナーでは、和やかな雰囲気に。
コーナーの間では、前日の名古屋で初解禁の、カウントダウンライブに向けた、
Bitter & Sweet初主演予告動画がスクリーン上映され、どよめきが起きた。

また、メンバーそれぞれいままでの年越しの話になり盛り上がるが、
そんな中、ENA(Pf.)は切なげなエピソードを披露。
それに対して、「え〜、今年はみんなで一緒に過ごしたいですね〜」と、田﨑。
会場は騒然となる。
「あっ、今年はカウントダウンライブでみんな一緒だっ!!」と、やっとこ気づいた田﨑に、会場に笑いに包まれ、優しい空間に。

その後は、長谷川が書き上げたロックナンバー「季節はずれの、ふたり」、
田﨑が書き上げたミディアムナンバーの新曲「さんかくまるしかく」で会場が一体となる。

MCでは、RIE(Ba.)がマネージャーから預かったという“指令書”を読み上げる。
内容は、「たこ焼きを食べるマネ(口をハフハフ)しながら、あなたが思う“大阪名物”を叫んで下さい。たこ焼きあっち向いてホイで一発勝負だ!」というモノだった。

もはやツアー恒例?となっている、あっち向いてホイ。
結果負けたのは、長谷川。
「 いただきまーす!はふはふ、、んっ、食い倒れ人形!」
、、見事にスベッた。
ある意味、正直で暖かいアットホームな空間に包まれる。

その後、これぞとばかりのアップナンバー連投でアツく盛り上げ本編終了!
すぐさまアンコールが起き、メンバーが再登場し、
新曲「HANABI」を披露。
長谷川が地元・新潟を心の中で思い出しながら作詞したという、アッパーチューンだ。

冬を象徴する星座、ORION。
主に、7つの星から成っており、
Bitter & Sweet、サポートメンバーフォーリズム、
そして最後の一つはあなた(お客さん)がいて初めて成り立つという意味を込めているというツアータイトル。

先日、ツアー初日の東京公演では追加公演が発表され、全7会場になった。
これも偶然なのか、必然なのか。

選曲でもMCでも、“Bitter & Sweet”を、生で体感できるこのライブ。
是非ライブを見に来て欲しい。
ツアーファイナルまで加速し続けていくだろう。

「Bitter & Sweet BAND TOUR 2017 〜ORION〜」
ツアーファイナルは、Shibuya eggmanに挑戦!

【Schedule】

★11/12(日)青山RizM(東京)
op 17:00 / st 17:30

★12/1(金)名古屋ライブホールM.I.D(愛知)
op 18:30 / st 19:00

★12/2(土)南堀江knave(大阪)
op 16:30 / st 17:00

★12/16(土)三条市中央公民館(新潟)
op 14:30 / st 15:00

★2018/1/14(日)横浜BAYSIS(神奈川)
op 17:00 / st 17:30

★2/3(土)Studio Do!(長崎)
op 14:30 / st 15:00

★2/24(土)Shibuya eggman(東京)
op 17:00 / st 17:30

BAND MEMBER:Dr.AMI(Chelsy)、Gt.AYUMI(Astrovery)、Ba.RIE、Pf.ENA

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。