母校のセーラー服姿で登場!?Rucaが魅せた目にも耳にも楽しいワンマンライブ

Ruca 1st Mini Album「Leapin’to yourself~自分を解き放て~」
発売記念ライブレポート

今作は、老若男女問わずRucaの下町育ちの親しみやすいキャラクターと癒しの歌声に魅了されたファンにとって、待望の自身初となるミニアルバム。ライブでの盛り上がりに定評のある「Leapin’ to yourself」をはじめ、副題に「~自分を解き放て~」とあるように、爽やかで解放感のあるナンバーが並び、透明感溢れるRucaの魅力が詰まった1枚となっている。Ruca本人は今作について、「日々のいらないしがらみや常識、価値観などを全部取っ払って、前を向いて新しい景色を見ていこう!という想いを込めました。是非1人でも多くの方に届いて欲しいです。」とコメント。
さらに、当日は多くの所属レーベルメイトが会場に駆けつけるなど、愛されるアーティスト“Ruca”のパフォーマンスに集まった人々は期待を寄せていた。

照明が落ちると、スクリーンには渋谷の街と駆け寄ってくるRucaの姿が映し出された。まるで、Rucaとデートをしているかのような映像と眩しい笑顔に会場のファンからは歓声が上がり、思わず頬を緩ませる。今回の会場である渋谷Star loungeの扉をくぐると、映像の中で選んだ衣装に身を包んだRucaがステージに登場。ミニアルバムにも収録されている『愛してるって言ってもいいかい?』で幕が上がる。Rucaの伸びやかでひとりひとりに語りかけるような優しい歌声に会場からは自然に手拍子が生まれ、『恋をしたんだ』を含むミディアムテンポが心地よい楽曲の数々を披露。改めて、「幕が上がった時からすごくたくさんのお客さんの姿が見えて本当に感動しました。本日はお越しいただき本当にありがとうございます!」と述べたRucaに、ワンマンライブを待ちわびていたファンからはたくさんのお祝いの声援があがった。

ライブ中盤には、初の試みとなるヴァイオリンを含んだバンド編成を披露。どこか懐かしい大切な思い出の情景を浮かばせるようなRucaの表現力に観客は酔いしれ、贅沢な音色が会場を包む。『Joyful Noise(Let it Shineカバー)』では、バンドメンバーのサウンドに大盛り上がり。Rucaバンド初の参加ながらも存在感と見事なバンドサウンドとの融合を披露したヴァイオリンのあすなを皮切りに、繊細な表現力に定評があるキーボードの桑原康輔が見事な速弾きで会場を沸かす。さらに、バンドマスターでもあるギタリストの森空青の演奏には会場からは待ってましたと言わんばかりの歓声が上がった。続いて、ベースの萩原みのりは観客を煽るとその期待に見事に応える低音を響かせる。最後には、Rucaバンドを支えるドラムス小久保里沙が力強いリズムを刻んだ。

そして、Rucaが愛される理由は、綺麗な音楽を届けてくれることだけではない。暗転の中、スクリーンには桜の風景が映し出され、ステージに登場したのはツインテールに髪を結んだ制服姿のRucaだ。ファンにとってはこの日限りのサプライズ演出となり、ざわめく会場をよそに斉藤由貴の「卒業」が歌い上げられる。しっかりと魅せるステージングにはバラエティー性だけでなく揺るがないRucaの実力を見せつけられた一幕となった。さらに、貴重な制服姿を収めるフォトセッションが設けられ、会場はアットホームで幸せな笑いで溢れた。

ライブ後半戦、改めて「新しい世界、前を向いて歩いていこうという今回のアルバムに込めた強い想いが一人でも多くの方に届いてくれたら嬉しいです。本当に今日はありがとうございました!」と述べたRuca。そして、今作の表題曲でもある『Leapin’ to yourself』が流れ始めると、自然に集まった人々は体を揺らす。間奏部分では、見事なコール&レスポンスが繰り広げられ、大盛り上がりの中に本編は終了。

アンコールの掛け声に応え、ステージに姿を現すと、「新作を楽しみにしているというみなさんの声で、今回リリースをすることが出来ました。今日この場所に来て、この時間を“Ruca”というアーティストに使っていただけることに、お礼の言葉を何回言っても足りないと思っています。ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。」と感謝の気持ちを述べた。
最後の曲『SMILE』では、会場に集まった観客、アーティスト仲間と共に大合唱。たくさんの幸せに囲まれながらRucaワンマンライブは大成功のうちに幕を閉じた。

 

 

 

今回、初のミニアルバムリリースを果たしたRucaだが、会場の暖かさやバンドサウンドとの心地よい波長、集まった仲間やファンの愛ある空間にはこれまで積み上げてきたRucaにしか出せない魅力が確かに感じられた。多くの人の耳に沁みわたる歌声であることは間違いないが、音楽好きにこそ聴いてもらいたい、そんな贅沢な音楽を鳴らすことの出来るアーティストRucaには今後、さらに仲間と魅了される人々が集まることは間違いないだろう。是非、一度ライブに足を運んで思わず笑顔になる贅沢な時間を味わってもらいたい。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。