JAZZ歌謡の新星マキタマシロ 2nd Singleレコ発LIVE@下北沢mosaic

 

6月23日(土)下北沢mosaic

チケットが完売したその会場は、人が押し寄せ熱気にあふれていた。

7月4日発売の2ndSingle「時を紡ぐ/喜劇役者」

その発売記念ライブ【黒崎ジョンPresents 下北沢アーバンナイト】が下北沢mosaicで開催された。

マキタマシロ は2017年12月20日「東京カラフル」でデビューした新人JAZZ歌謡アーティストだ。
テレビ東京系列”開運!なんでも鑑定団”のエンディングテーマに選ばれこの春先まで放送されていた。
この日、以前マキタマシロのライブをレポートした時(http://fm-japan.net/live-report/370)に観たライブとは感じたものとは違う、妖艶な姿に関西弁でハニカム意外な一面を見せていた。

一曲目の人気曲【たまらないわ】でスタートし、
二曲目のACID JAZZテンポで魅せる【signal】
三曲目は【紳士と淑女】
四曲目スロージャズバラード【真夜中のスープ】
五曲目のデビュー曲【東京カラフル】
六曲目の【また、貴方は行ってしまう】

そして、7/4発売の両A面2nd Singleである【喜劇役者】【時を紡ぐ】でラストを飾った。

時を紡ぐのmusic videoには、2018年「花戦さ」で日本アカデミー監督賞にノミネートされた篠原哲雄監督が担当する。
監督のファンだった彼女自身が依頼したと言うから驚きだ。日本映画ファンが観ても楽しめるだろう。

そして、【時を紡ぐ】は日本忍者協議会”nippon ninja project2018イメージソング。
【喜劇役者】は愛知北エフエム看板ガールのエンディングテーマに選ばれている。

マキタマシロ 、人はまだ彼女の歌をさほど知らないだろう。
しかし、この日そのエネルギッシュでキャッチーな音楽と芯のある声に魅了された人々がこの会場で体を揺らしていた。

マキタマシロ自身が書く詞には、独特な世界観がある。
都会的な雰囲気の中の楽曲の中には強さと儚さ、切なさ滲む。

確実にひとり、またひとりと彼女の歌を聴きに足を伸ばす人々が増えていくだろう。
今後も要チェックだ!

【LIVEセットリスト】
たまらないわ
signal
紳士と淑女
真夜中のスープ
東京カラフル
また、貴方は行ってしまう
喜劇役者
時を紡ぐ
【アンコールセッション】
ハートのエースが出てこない
カリソメナエロストキメク

【時を紡ぐ】

7月4日発売 ✨NIPPON NINJA PROJECT 2018イメージソング✨

2nd Single 「時を紡ぐ/喜劇役者」マキタマシロ

予定売価:¥1,296(税込)

【 時を紡ぐ/ 喜劇役者】

都会派歌謡シンガー・マキタマシロ、2枚目となるシングルは、 日本忍者協議会 “NINJA NIPPON PROJECT” 2018年イメージソング採用の「時を紡ぐ」と、 ライブで好評のアーバンジャズ歌謡「喜劇役者」のカップリング。 大人の恋の緩やかなトキメキとやるせなさを切なげなメロディーに乗せて スタイリッシュに歌い上げる”マキタマシロワールド”が、 さらにグレードアップして聴く者の心を静かに揺さぶる。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。