山崎あおい 弾き語りツアーを完走

2018年3月24日、山崎あおいのワンマンライブツアー「Yamazaki Aoi acoustic live tour2018~living room~」の東京ファイナル公演が開催された。
会場である渋谷loft9には、200人のファンが詰め掛けた。チケットは既にソールドアウトだった。

東京ファイナルともあり、熱気と期待が立ち込める会場。ステージに現れた彼女がまず初めに歌ったのは、
1st singleの表題曲である「just friend」。弾き語りバージョンにアレンジされたこの曲は、
CDに収録された音源とまた一味違う。ファンはその違いを楽しむように聴き、一曲目から会場の空気を掴んだ。

ライブ会場限定で販売されたCDには、「バイバイ」と「hey!」の二曲を収録。
その収録曲である「hey!」を披露する前には、曲の題材となった同級生と、久々に再会した時のエピソードを話し、会場内には笑いが溢れた。

すっかり彼女の色に染まった会場。ライブも中盤に差し掛かり、「恋の予感」、「夏海」、「ふたりで歩けば」と、立て続けにお馴染みであるシングル曲を披露。

アンコールでは、「さくら、さくら」を披露。東京では、まるで示し合わせたかのように、その日から桜の開花が始まっていた。季節にぴったりのラスト曲となった。

「2018年は、アルバムも期待していてください。ただいま制作中です。」と語ってくれた彼女。
アルバムにはどんな曲が収録されるのか、いつ頃発売となるのか、今後の動きに注目である。

なお、今回のツアーグッズ(Tシャツ、マフラータオル、ライブ会場限定CD、ステッカー)は、
後日オンラインストアでも販売されるとのこと。

山崎あおい オフィシャルサイト
https://yamazakiaoi.jp/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。