山崎あおい 地元・札幌での弾き語りライブが大成功!

2018年2月24日、山崎あおいのツアー「acoustic live tour 2018 ~living room~」の札幌 公演が開催された。

場所は北海道札幌市の、music hall cafe。札幌出身の彼女にとって、故郷でのライブは思い入れ が深いだろう。

ソールドアウトした会場には、雪の積もる中沢山のファンが駆けつけた。彼女と同様、どこか和 やかな空気が流れる会場も、彼女が登場するとたちまち熱気で一杯に。

「こんばんは、山崎あおいです。近っ!」と、登場時からファンの笑いを誘い、再び和やかムード を誘った彼女。アコースティックライブなので肩の力を抜いて、

という計らいだろうか。 アルバム「アオイロ」収録曲である「Just Friend」で幕を開けた今回のライブ。若い男女の恋に 対する繊細な心境を表現した曲を、

ギター一本で切なく歌い上げていく。 会場から感動の溜息が漏れる中、彼女がMCで紹介した曲は、アルバム「ツナガル」収録曲の「ハ ルバル」。

この曲はデビュー当時、今回の会場、また彼女の地元である北海道でCMソングに抜擢された曲だ。 当時のことを思い出すように、丁寧に歌っていく。

中盤の「パラドックス」の前には、会場に訪れていた小学生ほどの幼いファンに向かい「君たち はまだ世の中の不条理を知らないかもしれないけど、

次は理不尽な世の中について歌った歌で す。」と語りかけた。 等身大の恋を歌う一方、世間に向かって不満を叫ぶような曲が多いのも、彼女の曲の特徴だ。

し かしただ訴えるだけでなく、やはりどこか寄り添うような優しさがある。それは彼女が「シンク ロ系」と揶揄される理由でもあるだろう。

ライブも終盤に近付き、アンコール明けのMCでカーリングの話をした彼女。 「吉田知那美選手が、プロフィールの好きな歌手で山崎あおいを挙げてくれているんです。

吉田さ んのファンの誰かが気付いて、私の曲聴いてくれないかな。」という心情を吐露して、再び会場の 笑いを誘った。 また2018年の目標として、

「とにかく楽曲をたくさん聴いてもらうこと。山崎あおいとしても、 作曲家としても、今はできた曲をすぐに出せる時代だから、スピード感を持って発表していきたい」 と語った。

今後もアーティストとして、作曲家として、彼女から目が離せない。 このツアー、残るは大阪と東京公演。どちらも残念ながら既にソールドアウトだが、

今後のライ ブの日程やチケット予約などの情報は、山崎あおい公式HPから見ることができる。 ファンクラブ「わさび部」にも、このHPから入会することができ、

こちらは限定動画などが定期 的にアップされているので要チェックだ。

 

山崎あおいオフィシャルサイト https://yamazakiaoi.jp

 

【大 阪】

2018/03/04 (sun.) open 17:30/start 18:00

西天満GANZ toi,toi,toi 大阪市北区西天満5丁目13-7近江ビルB1

adv.¥3,800- drink別 ¥600 tax in

・全自由席・整理番号付

 

<一般発売> 2018/01/13 (sat.) 10:00-

・e+(イープラス):http://eplus.jp/

・LAWSON:Lコード56133 0570-084-005 http://l-tike.com

・ぴあ:Pコード100-897 0570-02-9999 http://t.pia.jp

・モバイルサイトGREENS!チケット:http://www.greens-corp.co.jp/ GREENS 06-6882-1224(平日11:00-19:00)

 

【東 京】

2018/03/24 (sat.) open 17:30/start 18:00

LOFT9 shibuya 東京都渋谷区円山町1-5キノハウス1F

adv.¥3,800- drink別・¥500以上オーダー tax in

・全自由席・整理番号付

 

<一般発売> 2018/01/13 (sat.) 10:00-

・e+(イープラス):http://eplus.jp/

山崎あおいLIVE制作委員会 https://yamazakiaoi.jp/mailform

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。